栄養補給の優先順位はタンパク質と脂質。野菜はその後。

栄養補給の優先順位はタンパク質と脂質。野菜はその後。
タンパク質

どうも!栄養カウンセラーのIPPEIです!

食事や栄養を摂っていく上での優先順位が誤っている方が少なくありません。『心と体は食べたものでできている』ので、何を食べるかということが大切です。

身体を構成するのは水分が半分以上の60%を占めており、残りの40%のうち30〜35%はタンパク質と脂質で占められています。なので、優先する食べ物はタンパク質と脂質を多く含む食材という事になります。

普段の食事に肉や卵を追加するだけで頭痛が解消されたり、無駄な体重が落ちたり、朝起きられるようになったりする方が多いです

日頃からタンパク質や脂質の摂取が少ないと不調を抱えやすいですが、不調のある方がタンパク質と脂質を豊富に摂りだすと体調が偏するのを感じやすいのが特徴です。

身体の構成から優先順位を考える

人間の体に合った食事法を理解しよう

人間の体に合った食事法を理解しよう

画像の通り、
・水分60%
・タンパク質20%
・脂質15%
・ビタミン、ミネラル4%
・糖質1%
となっています。

これからもわかるように、水分を除くとタンパク質と脂質がほとんどなので、優先的に食べるのはタンパク質と脂質が豊富に含まれた食材です。

この2つはなぜか敬遠されがちです。
理由の多くは、
・太るから…
・血糖値を上げるから…
・筋肉がムキムキになるから…
・腎臓に負担がかかるから…このような事を言われたりしている方が少なくありません。

これを解説すると、

太るから…

現代人が太る理由のほとんどは糖質の摂り過ぎです。糖質は摂り過ぎて体内で余ってしまうと『脂肪』に変換されてしまい、これが皮下脂肪や内臓脂肪になります。
糖質に脂質が加わることでさらに太りやすくなりますが、脂質単独では太りにくいのが実際です。
※タンパク質も脂質も極端に摂り過ぎれば誰でも太ります。

血糖値を上げるから…

タンパク質でも血糖値は上昇しますが、ほんのわずかです。それ以上に糖質が急激に血糖値を上げます。タンパク質の比ではありません。
その中でも果糖(フルクトース 果物やお菓子、清涼飲料水に多い)が特に血糖値を爆上げします。果糖は血糖値を上げないと信じられていますが、実際はかなり上げます。お米や麺類以上に上げます。果糖は血糖値を上げないと考えている方は知識のアップデートが必要です。

筋肉がムキムキになるから…

タンパク質を摂るだけではムキムキにはなれません。ムキムキになるためにはトレーニングが必要です。スポーツ選手がプロテイン(タンパク質)を摂るイメージがあるからなのか、なぜかそのように思い込む方がいますが、タンパク質を摂るだけではまずムキムキにはなれません。

腎臓に負担がかかるから…

腎臓に負担をかけるのは糖質です。糖質の摂り過ぎで『糖化』という反応が起こります。糖化はタンパク質に糖質がくっついてタンパク質の機能を落とす(タンパク質を壊す)反応です。腎臓もタンパク質です。糖質が多いとタンパク質が関わっている部分(内臓、血管等、全身)が徐々に壊れていきます。

身体の構成だけではなく、上記のような問題が起こる原因を考えていくと、その問題は栄養を摂る優先順位を間違えてしまっているからです。

この優先順位はわかっているようでわかっていないので、しっかりと知っておく必要があります。

野菜中心の生活ではタンパク質と脂質が少ない

野菜中心の生活ではタンパク質と脂質が少ない

マヂか!?

頭痛やその他の不調で相談に来られる方で、健康を考えた食生活を意識した方も少なくありません。
意識されている方で多いのは『野菜中心の食生活』です。
野菜に含まれている栄養素のほとんどはビタミンやミネラルです。これらは補酵素として大切な役割を果たしますが、その前提として主酵素となるタンパク質が不可欠です。

また、現代の野菜は栄養価がほとんど無いとも言われています。

様々な観点から見ても、タンパク質や脂質ををあまり摂らずに野菜を積極的に食べるというのは、身体を構成する事は不可能です。
※ビタミンやミネラルは少量でも大切な役割を果たすので、少量だからテキトーで良いというわけではありません。

不調の多くはタンパク質と脂質不足

調理はカンタンでOK!肉や卵なら下ごしらえいらずに焼くだけで食べられる!

不調の多くはタンパク質と脂質不足

世の中には様々な病名があります。この病名の対処法はこう、あの病名にはこう、等と考えがちですが、すべては身体の代謝がうまくいっていないために起こることです。頭痛も内臓の不調も根本をたどれば原因は同じだったりします。

体質によって関節に問題が出やすい方、内臓に問題が出やすい方、ヒフに出やすい等、様々です。
ですが、その根本原因にタンパク質不足と脂質不足があるのは共通しているのです。

まとめ

・身体の構成は水分を除くとタンパク質と脂質がほとんど
・糖質の摂り過ぎで肥満や内臓の不調が起こる
・野菜中心の生活ではタンパク質や脂質は摂れない
・ビタミンやミネラルはもちろん大切だが、最重要はタンパク質と脂質
・様々な病名や不調の根本原因はタンパク質と脂質不足

野菜中心の生活が悪いとは思いませんが、タンパク質や脂質を適切な量を食べていないと代謝のメカニズムが狂います。

その狂った結果が頭痛をはじめとした様々な不調です。

健康だけではなく、美容や子どもの成長発達のためにもタンパク質や脂質は最重要な栄養素なので、日々意識して摂りたいものです。

現在、無料栄養カウンセリングを実施中です。この機会にぜひご利用ください。
お問い合わせは下記のLINEからお願いします。
http://nav.cx/AtWe57O

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。